はじめに

足湯と聞けば、温泉にある足湯が直観的に、頭に浮かびます。
日本各地には温泉がありますので、足湯が多いでしょう。
最近は、温泉地の駅や街角のあたりに足湯の施設を作って、集客するための、
アピールポイントにしている温泉が目につきます。

日本最大級の足湯は、栃木県北部の塩原温泉の中心にある、「塩原温泉湯っ歩の里」でしょう。
全長が約60mもあります。四季折々の自然の風景を眺めながら、ゆっくり足湯が楽しめて、
満足度は100点でしょう。足湯の中を歩くと、足ツボを刺激されて、足湯浴の効果が、
さらにアップするようです。

 立ち仕事に出かける前に、足湯をすると、むくみを抑えられるらしく、
その足湯浴の光景を見たような学生時代の記憶があります。
たしかに、服を着たままで、足だけ出せば、簡単に、手軽に出来るので、良いと思います。
結構、温まっている様子でした、顔が赤かったから、わかりました。

 近年は、美容院でも、足湯をしていると聞きました。
その足湯はデトックス効果があるらしいと、話していました。
実際に、どのような効果があったのか、よくわかりませんが、良さそうな感じです。
ここでは、足湯の効果、正しい入り方などを、ご紹介しています。参考にしてください。

足湯の適正条件

足湯に入る時、次の3点が、適当な条件となっています。
1. 足湯の温度は、38~42℃が適当です。
2. 足湯の水深は、くるぶしから指3本位上までの深さあればOKです。
3. 足湯の時間は、15~20分が適当です。

足湯は、適度な時間=15~20分で十分にその効果があります。
長時間入れば、効果があると思われがちですが、汗が出るまで頑張ると、
発汗のための余分なエネルギーを身体が使って、かえって疲労が増えます。

足湯浴の間に、時々、冷水に足を入れると、血液循環が一層良くなります。
そのタイミングは、温水に5分間、冷水に約30秒、交互に3~4回繰返してください。
足湯を終える前に、足に冷水を約30秒あてると、表面の毛細血管が収縮して、
保温効果が更に高くなります。

注意として、心臓病、高血圧、低血圧、糖尿病や神経障害などの人は、
足湯の温度を38℃と低い温度からにしましょう。
また、足湯浴の時間も約10分間程度から始め、徐々に足湯の時間を延ばしましょう。

病気の治療中や治療直後の方は、事前に医師に相談してから、足湯浴をお楽しみ下さい。

足湯の浴用禁忌症(足湯浴してはならない病気など)

急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患
高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

浴用適応症(足湯浴して効く病気など)

  • 酵素ダイエット酵素ドリンク酵素サプリ飲料系とサプリメント系の酵素があり、用途に合わせた選び方が重要です。
  • マッサージクリームのことなら日本滋和堂へ!オススメのマッサージクリームがあります!
  • 北九州市のカウンセリングなら、カウンセリングルームサラはいかがですか?あなたの悩みを聞くとともに、落ち着いた空間で身もココロもほぐれるマッサージも行っていますよ。
  • ヘアメイク事務所なら大阪のシャルメがお薦め。アーティスティックなヘアメイクアップアーティストに、あなたの大切なステージを華やかにしてもらえます。
  • 京都駅エステサロンなら、駅1分のBoogalooBaliがいいです。人気のために完全予約制。それに見合った価値のあるゆったりとした癒しを得ることができるって、人気みたいです。駅スグの場所で、まるでバリにいるような贅沢空間を味わえます。
  • 酵素ジュース・ドリンクなら断食ダイエット?置き換えダイエット?今人気のダイエット方法で、酵素ダイエットって知ってますか?酵素ダイエットで効果がでたひとの体験記や、逆に困ったところなど。商品を買うことでするので、事前に効果があるか知りたいですよね。そんな人は、まずは口コミサイトをチェックするべき!
  • 男性脱毛なら大阪で完全予約・ワンゲスト制でプライベートな空間をご提供。接客・技術・知識共にハイクラスな男性脱毛専門サロンを目指します。
  • 業務用脱毛機のドクターサポート集客できる脱毛機としてマスコミでも話題の脱毛機。脱毛による集客を増やしたいと思っているエステ経営者の方には、子供の肌にも利用できるという肌に優しいドクターサポートの脱毛機がお薦めです。
  • 二重まぶた、二重瞼、二重 大阪きれいな二重まぶた欲しくないですか?大阪のカリスクリニックでは全国でも少ない手術用顕微鏡を用いた繊細な施術で術後の傷跡も目立ちません。他にも痛みが少なく格安の埋没法も用意しています。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾
冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、火傷、慢性皮膚病