足湯の効果効能

下半身の血液循環改善

足湯の効果No.1は、下半身の血液循環が改善することです。
足は心臓から遠い場所にあります、引力の関係からも、血液が足に滞り安いのです。

更に、足先は冷えやすく、血液の循環は悪くなります。
足の血液循環量が減少することによって、血流を低下させます。
すると、老廃物が足に溜り、足はむくみを起こしてしまいます。足のむくみは、静脈瘤や静脈炎、
歩行困難症へと重症化することがあります。
また、最悪の場合は、脳梗塞や心筋梗塞を発症することもあるのです。

また、足が冷えて、足の血液循環が低下すると、腹部内臓の血流にも減少が起こり、
その影響で、内蔵の機能は低下してしまいます。体内に老廃物が溜まりやすい状態になります。
年配になると、どうしても代謝が悪くなります、特に、お年寄りは、気を付けましょう。

足湯に入ると、足先が暖まり、血管は拡張します。足の血液循環は改善します。
次に、内臓内部の血液循環も改善されることになります。
冷えが原因で、ひざや関節の痛みなどが出ることがありますが、それも、良くなると、思われます。

このように、足湯に入って、足から下半身の血液循環を改善すると、症状の改善と、病気の予防に、
大変効果が期待できます。
皆さんには、足湯浴を、是非、試すことをお勧めします。

肝臓を効率良く働かせる

足湯の効果No.2は、熱の補給です。
人の身体は、いつも熱を作り出して、身体を一定の体温に維持しています。
体温は、主に内臓で作られます。内臓の中でも、肝臓が最も体熱を発生させています。

筋肉も体温を発生させています。その筋肉の熱発生のエネルギーの源は、肝臓から供給されています。
その意味では、肝臓がほとんどの体温発生を担当しているのです。

足湯浴によって、身体は体外から熱の供給を受けるため、
肝臓は、熱を発生させる機能から解放されます。
肝臓は、体温維持のための熱の発生をしなくてもよくなります。
そのため、肝機能に余力ができることになります。

そのおかげで、肝臓は、以下の機能に余力をシフトします。

  • 老廃物の解毒
  • 免疫細胞へのエネルギー供給
  • 脂肪などの栄養素の分解
  • タンパク質の合成

足湯浴は、肝臓の働きを活性化させて、免疫力の向上、脂肪の分解、老廃物の解毒と排泄、などをして、風邪をひいたりしない、病気になりにくい体質を作り、痩せやすい体質をつくります。

その他足湯効果効能

足湯浴をすると、『NK細胞(ナチュラルキラー細胞)』の活性度が増加したと言う報告もあります。
その免疫細胞は、ガン細胞を殺す作用があって、腫瘍の発生を抑える働きを持っています。
足湯浴は、体の免疫力をアップさせる力があるのです。

花粉症になると、花粉などの刺激に鼻が過敏に反応し、鼻粘膜の血液循環障害の起こしてしまします。
そこで、足湯浴で体を温めると、鼻粘膜の血液循環障害が徐々に和らいで、鼻水が止まるという報告もあります。

足湯浴は、実に、オールマイティの健康法に思えます。
下記の様な症状は、足湯浴で解消できます。

  • 冷え性
  • 肩こり
  • 足がむくむ
  • 立ち仕事
  • 足が冷たくて眠れない
  • 冷房効き過ぎの場所での作業
  • 歩き過ぎ
  • 足が筋肉痛
  • 長距離運転
  • 全身の疲れ
  • 倦怠感
  • 不眠症
  • 低血圧
  • ストレス

足湯をすると体の芯から温まって血行が良くなり、上記の症状の解消に効果があります。
特に、冷え性、むくみ、肩こりにお悩みの方は、足湯浴をお勧めします。

  • 後遺症の残らない交通事故治療 中京区なら交通事故は後遺症が残りやすいので、事故後一日でも早く治療を開始される事をお勧め致します。また、むち打ち症はレントゲンをとっても特に異常なしと言われることがほとんどです。事故の際はやまと接骨院へ相談してみてください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ