足湯には様々な効果があるだけでなく単純に気持ちがいいので、多くの方から支持を受けています。もし足湯が自宅でできるとすればやってみたいのではないでしょうか?ここでは自宅で足湯を行う簡単な方法をご紹介します。

足湯に必要な道具は100円ショップで揃えられる!

足湯に必要な道具は100円ショップへ行けば簡単に揃える事ができます。まずたらいやバケツなど、すっぽりと足が入る容器を用意します。他には足を拭けるタオルがあれば足湯は可能ですが、入浴剤やアロマオイルを用意すると、更に足湯の効果を高める事ができます。ですからとても簡単に自宅で足湯を始める事ができるのです。

それらの道具はどうやって使うのか?

バケツは両足がきちんと入るものを選びましょう。もしダイソーになければ足湯用のバケツがホームセンターなどへ行けば売っています。数百円出せば買えるので、足湯の気持ちよさを考えれば例え100円ショップで買えなくても買うべきだと思います!
バケツに何度位のお湯を入れるのがベストなのか?これはよく議論される事なのですが、42~3℃程度のお湯で足湯を行うのが最も気持ちいい様です。そして足先だけお湯につけてもあまり気持ちよくありませんので、くるぶしまできちんと入る量のお湯を準備しましょう。お湯はぬるくなりやすいので、ぬるくなったと感じたらさし湯をして温度調整をしましょう。20分程度つかっていると、身体が全体的に温まってきます!

足湯の効果って?

足湯の効果はただ温まるだけではありません。足には老廃物がたまりやすくなっています。なぜなら血液には栄養分だけではなく老廃物もめぐっているのですが、全身をめぐって体外に汗や尿として排出されない老廃物は、最終的に足先にたまる様になっているからです。特に血液の循環が滞っているとたまりやすいそうです。老廃物がたまる事で、むくみや肩こり、腰痛など身体に症状となってその弊害が現れてきます。足湯を行う事で、足先の老廃物を体外に排出する事が可能となります。
それだけでなく、体内で熱を作っている肝臓が足湯によって体外から熱を得る事によって脂肪の分解や免疫力の向上といった他の作業を行う余裕を得る事ができます。それによりダイエット効果や身体の調子を整えるといった作用を及ぼす様になるのです。つまり足湯を行う事で、とても身体によい効果を与える事が可能となります。